2017年6月24日土曜日

大阪の懐かしい大好きな店を巡る⑩ 大好きな東天満の昭和下町中華「光 中央軒」で東京では食べられない塩ダレの天津飯と羽根付き餃子のランチ

今日は大阪時代毎日のように通ったバーホワイトラベルの研修旅行があります。
その出発前に腹ごしらえ。
選択肢があり過ぎて迷う中、東京では食べられない私の好物をランチに選びました。
東天満、かつて空心町と呼ばれた交差点の近くにある昭和下町中華、光 中央軒


ちゃんぽん皿うどんが名物のお店。
同名のチェーン店とは関係ない、家族経営の独立店です。


カウンターとテーブル席の小さな店は、土曜日ですが賑わっています。


一緒に旅行に行く若手のH君を誘って二人で食べに来ました。
彼は長崎皿うどん、私は天津飯のご飯少な目餃子を注文。


H君の頼んだ長崎皿うどん。
もちろんこれも是非モノなのですが、それでも今日は敢えて違うオーダー。


餃子が出てきました。


嬉しい羽根付きです。


タレにつけて。


野菜たっぷりでニンニクの効いた餡は柔らかく、外側のパリッとした皮とのコントラストがナイスな一品。


天津飯のスープが出てきました。


これも玉子。


真打が登場しました。
天津飯ご飯少な目


天津飯が沈没するくらい、たっぷりの塩ダレに浸っています。


この茶色い塩ダレこそが、私が愛して止まない天津飯の正しいスタイル。
東京の甘酸っぱいケチャップ味など言語道断です。


片栗粉が多いのか、相当な粘度のタレ。
しかし玉にならず、均一なのはさすが匠の技。


早速一口。
玉子焼きの厚みと塩ダレの粘りで容易には持ち上がりません。


絶妙の味加減。
感動のあまり、胸がいっぱいに。


今度いつこんなに美味しい天津飯が食べられるかわかりません。
しっかり、ゆっくりと味わいながら食べ進みます。


最後の一口です。


完食、そして塩ダレも完飲です。


今回大阪に来て三食目のランチも、大成功を収めました。
後は、旅行から帰って明日のランチを締めくくれば完璧です。



光 中央軒ちゃんぽん / 大阪天満宮駅南森町駅大阪城北詰駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5