2018年3月25日日曜日

春休みの日曜日に急に思い立って開園前から東京ディズニシーヘ。運良く予約が取れた「オチェーアノ」でゆったり晩ご飯

3月末まで有効のパスポートを頂きました。
使わなければもったいないので、春休みで大混雑とはわかっていましたが、開園40分前に妻と二人で東京ディズニーシーへ。
予想通りの大行列で、ゲートを通るまでに20分ほどかかりました。


いい年をした大人二人が猛然と早歩きでトイ・ストーリー・マニアのファストパスを取りに向かいます。
30分並んで手に入れたパスは、なんと夜の20時。
少なくとも12時間は帰れないことが確定しました。
その後、昨日予約を入れたら満席で断られたオチェーアノに電話を入れると、キャンセルが出たのか17時の予約が取れました。
ゆったり贅沢に晩ご飯が食べられるので、一安心。


どのライドも混んでいますので、ゆっくりとファストパスを取りながら、比較的待ち時間の少ないアトラクションを回ります。
今日はとても暑いので、妻にハンドルキーパーを委ねて生ビール
ターキーレッグをつまみに早めのブランチです。


ビッグバンドビートの抽選に外れたので、初回の公演に並びます。
これは何度見ても飽きない、大好きなショー。


公演が終わって外に出ると、一段と気温は上がっています。
シーソルトアイスクリームモナカをシェア。
口がさっぱりします。


香ばしい香りにつられて、ガーリックシュリンプ味のポップコーン
これはお初の味。


空いているアトラクションや、ファストパスを使いながら、のんびりとパークで時間を過ごし、17時前にホテルミラコスタへ。
二度目のオチェーアノです。


運よく窓際の席でした。


綺麗にセットされたテーブルに座れば、パークで遊んだ疲れも取れようというものです。


メニューはフィックス。
期待が高まります。


乾杯です。
私は生ビール、妻はジンジャーエールで。


最初にパンが二種類出てきます。
オリーブオイルと塩で。


一品目は鴨のコンフィとポテトのテリーヌ バルサミコのアクセント リンゴとインゲンのサラダ


パンも美味しい。


二品目は貝のフリカッセ ハーブバターソース


もちろんソースは残さずにパンで綺麗にすくいます。


グラスワインの白を頼みます。
パークを眺めながら、パークの喧騒とは異なる静かな空間。


三品目は魚。
イトヨリ鯛のポワレ デュグレレ風ソース ポワローのフリットと共に
結構なボリュームで、次第にお腹がいっぱいになってきました。


肉料理は日向鶏のロースト スパイス香る鶏のジュ ポレンタを添えて


ここで赤ワイン
私ばかり飲むので妻は不服そうですが、勘弁してもらいましょう。


日が落ちてきました。
ディナーらしい雰囲気に。


デザートです。
クレームダンジュとローズヒップゼリー チェリーソルベ
彩りも華やかで、楽しい。


コーヒーか紅茶が選べますが、二人ともダブルエスプレッソ


ゆったりとした時の流れで食事を楽しむことができました。
朝早くから歩き回った疲れも回復し、元気も出ました。
この後、まだファストパスが二つ残っています。




関連ランキング:地中海料理 | 東京ディズニーシー・ステーション駅リゾートゲートウェイ・ステーション駅ベイサイド・ステーション駅