2018年4月4日水曜日

冷たい蕎麦が恋しくなる暑さ。虎ノ門「大坂屋 砂場 本店」で「半もりと烏賊と長ネギのかき揚げ丼」

あっという間に桜も終わってしまいました。
連日20度を超える気温で、冷たい蕎麦が早くも恋しくなります。
ランチは同僚たちと大坂屋 砂場 本店へ。


二階に案内されました。
今週から着任した新メンバーたちに、おすすめの料理をアドバイス。
私はガッツリいきたかったので、半もりと烏賊と長ネギのかき揚げ丼にしました。


雑談しているうちに、料理が出てきました。


大きなかき揚げがのった丼。
小ぶりですが、十分な量。


半もりも、普通盛りの大きさはあります。
老舗の名店は、とかく量が少ないですが、ここはそうではありません。


早速手繰ります。


キリっとした辛口のつゆに浸けて、スルスルと手繰れば涼やかな気分。


この店のかき揚げは分厚いのですが、とてもサクサクしていて、胃にもたれるようなことはありません。
どうやって揚げているのか、いつも不思議に思います。
サクサクの衣と烏賊、長ネギの食感のコントラストが楽しい一品。
東京らしい濃いめのつゆもいい感じです。


もちろん最後は蕎麦湯で締め。
都心の大通りに面しているとは思えないほど静かな和室で寛いでいると、仕事のことを忘れてしまうほど。
実に良いお店です。





関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

大坂屋 砂場 本店そば(蕎麦) / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5