2018年4月5日木曜日

船橋の「一平」「増やま」の流れを汲む平成の「大衆酒場」。本八幡「馬越」でゆるりとひとり酒

今日は、かねてから気になっていた大衆酒場を訪れようと総武線の本八幡駅で下車。


JRの線路沿いに歩くこと5分。
住宅街に灯りが見えます。


大衆酒場馬越


私の最愛の居酒屋である船橋の一平
その流れを汲む、やはり船橋の増やまの支店的な位置付けのお店がこの馬越らしいのです。


暖簾をくぐり引き戸を開けると、そこは大衆酒場の王道、コの字カウンターのある風景。
テーブル席もあるところが、先輩の二店舗とは異なりますが、平成に誕生した昭和居酒屋です。
まずはホッピーの白を頼んでから、店の様子を探ります。


メニューの短冊もまだ色は白いですが、次第に年季が入っていくのでしょう。
ラインナップは、まさに「増やま」のそれ。


となれば、煮込みから。


重ネと呼ばれる煮込み豆腐にもつ煮込みをかけたもの。


濃厚な味付けにホッピーも進みます。


地元のご常連で賑わう大衆酒場らしい雰囲気は、私の好きなもの。
アルコールも進みます。
ナカをお代わり。


大好物のハムカツを頼みました。
「増やま」同様、単品でも油切りバットに入って供されます。


卓上にあるタカラブネソースという兵庫県宝塚市のメーカーのウスターソースをかけて頂きます。


肉厚なプレスハム。
食べ応え十分です。


ナカを再びお代わり。
ナカが多いので、三杯コースです。


ホワイトボードの今日のおすすめ料理も気になるところ。
このスタイルも「一平」「増やま」の流れを汲んでいます。


イワシ刺


「増やま」の名物、ガリ酎がここにもありましたので、それを頼みます。
寿司屋で出てくる甘酢のガリを入れた酎ハイです。


イワシ刺は生姜で。
活きが良いのがわかります。


サクっと切り上げます。
居酒屋で長っ尻はいけません。


まだ日が浅いとはいえ、船橋の「増やま」同様、既にかなりのご常連がいるようです。
そういえば、本家の一平にはしばらく顔を出していません。
近々船橋で途中下車してみましょう。




関連ランキング:居酒屋 | 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅

大衆酒場 馬越居酒屋 / 本八幡駅京成八幡駅鬼越駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5