2013年8月8日木曜日

四万十川を遡り沈下橋を巡るツーリング。ランチは道の駅「日吉夢産地」で思わぬバイキングについ食べ過ぎた

今日は四万十川を遡り四国カルストを走破して高知を目指す旅。

是非とも走ってみたかった四万十川の沈下橋。




四万十川高知県が河口ですが、源流は愛媛県も流れています。


四国カルストへの長い林道に入る手前に最後の食事ポイントがあります。
道の駅日吉夢産地



バイキングの表示。


店員さんに聞くと、麺類はできるけれど、それ以外はバイキングだとのこと。
こんな山奥の道の駅でバイキングというのは違和感を感じましたが、熱中症と戦うためには体力が必要ですので有難い話。


かなりの種類の料理が並んでいます。


気になる唐揚げも。


サラダもあるので、しっかり食べないと。




好物の味噌汁もお代わり自由。


ちょっと盛り付けが美しくありませんが、料理はどれも美味しくて、道の駅と侮れない実力。
熱中症対策のためにご飯に塩をいっぱい振りかけました。

他のお客さんは皆さん地元。
どうやら地元では人気の外食スポットのようです。
四国に来て気が付きましたが、道の駅は地域の社交場でもあるのです。
確かに山奥や海沿いの田舎では、家族が食べに行ける外食店は道の駅しかないのです。


気温はグングン上昇しています。
これから一気に高度を上げて四国カルストへ向かいます。
きっと高原は涼しいだろうと期待してエンジンをかけました。

日吉夢産地レストラン
関連ランキング:レストラン(その他) | 鬼北町その他

日吉夢産地レストラン (レストラン(その他) / 鬼北町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.0