2017年5月11日木曜日

六本木交差点近くになぜかセンベロが!袋小路の奥にある謎の寿司居酒屋「松ちゃん」

M先輩からメールが来ました。
飲み友達でもある後輩I君の誕生日会をやるというのです。
急な誘いでしたが、今度私の会社に出向が決まったSさんもフィーチャーしたと聞き、先約を調整して約束の六本木へと向かいました。
下町専門の私は、この町を訪れるのは久しぶりのこと。


その店は路地の奥の袋小路にありました。
ミッドタウンとは目と鼻の先ですが、とてもわかりにくい場所。


松ちゃん


六本木の交差点からほど近い一等地にも関わらず、センベロの寿司居酒屋だというのです。


一軒家の落ち着いた料理屋風の佇まいですが、中はチェーン居酒屋もびっくりの海の家的な簡素なオオバコ仕様。


生ビールハイボールが税込180円という破格です。


私は19時の約束に30分遅刻。
既に宴は始まり、盛り上がっています。


私も180円生ビールを頼んで乾杯です。


注文はタブレット。
これは便利なようで危険なシステム。
頼み過ぎてしまうのです。


アジのたたき


牛ハラミ焼き


豚もつ塩キャベツ炒め


180円生ビールをお代わり。
ちょっと薄い気がするのは、気のせいでしょうか。


ねぎま
多品種オーダーが好きなI君がいつの間にか頼んでいたようです。


牛鍋


卵は人数分ではなく、ワンオーダーにつき二個。
細やかなコストコンシャスが伺えます。


今度は180円ハイボールにしました。


寿司に取り掛かります。
わさび巻のわさび入り


これは気絶しそうなほど辛い。
鼻から脳天に刺激が突き抜け、涙が溢れてきます。


180円は卒業して、290円酎ハイへステップアップ。


握り寿司は奮発してをふた盛り。
味は、まあアレですが、安いという一点は評価できます。


最後に酎ハイをもう一杯。


4人とも長い付き合いながら、今はそれぞれ異なる会社に所属しているので、昔話から近況報告まで話は尽きません。
他愛も無い会話で大いに盛り上がります。
もちろんこのメンバーで飲んで食べれば、さすがに安い店でもセンベロとはいきませんでしたが、久しぶりに腹の底から笑える飲み会でした。




関連ランキング:居酒屋 | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

松ちゃん居酒屋 / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.0