2018年5月21日月曜日

夜の爆食宴会に備えて、ランチは軽めに。虎ノ門「大坂屋 砂場 本店」で連休明けから始まった冷やしたぬき

今日は夜に胃袋自慢の仲間と「爆食宴会」が予定されています。
ランチは軽めにしようと、虎ノ門の大坂屋砂場本店へ。


もちろん気温も高いので冷たい蕎麦を。
メニューを眺めていると、「5月7日より」という冷やしたぬきに目が留まりました。


二階担当の馴染みのお母さんの下町っぽい接客を受けながら、待つことしばし。
出て来た冷やしたぬきそば。


天かす、かまぼこ、キュウリ、油揚げ、紅生姜。
たぬきといいながら、きつねもあって、これはむじなだな、と思いました。


早速手繰ります。そばつゆは少し酢の入った冷やし中華風のもの。
この店は老舗ながらも、その地位に菅住することなく創作の積極的なメニュー開発もあって、いつも感心します。


創作とはいえ、基本の蕎麦は当たり前ですが、かなり旨い。


中盤以降は具といっしょに。


最後は蕎麦湯。
仄かな酸味が爽やかな涼味を感じさせます。


最後は蕎麦湯。
こんな心遣いも嬉しい。


納得、満足のランチ。
これで、夜の爆食宴会に向けて馬体は整いました。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

大坂屋 砂場 本店そば(蕎麦) / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5