2018年5月23日水曜日

再開発が進む虎ノ門に残る昭和割烹「美村」でにしん焼魚定食に納豆と卵をつけて

今日は職場のS君と二人ランチ。
4月から我が社に来た彼は、まだ虎ノ門ランチを勉強中。
そこで、彼がまだ知らない魚の美味しい店を紹介することにしました。
日比谷線の新駅建設やビルの再開発が進む桜田通りのそばに、周囲のビルが解体されて古びた外観を晒す4階建てのペンシルビルがあります。


その一階にある割烹美村
「魚定食の店」という黄色い看板も年季が入っています。


11時半過ぎのアーリーチェックイン。
さすがにこの時間はまだ空席がありますが、いつも行列の人気店です。
テーブルにはお盆の上にお新香、小鉢に入った生卵がセットされています。


何度となく通ったこの店の、変わらぬお新香。


小鉢の生卵は納豆か冷奴に変更も可能ですが、私は今日は納豆を追加発注しました。


パックのまま出す無粋な店も多い中、ちゃんとネギと辛子をのせて出してくれるのは、なかなか。


魚が焼きあがるタイミングで味噌汁とご飯が出てきます。


ご飯は少な目にしてもらいました。
デフォルトは相当な大盛です。


私が頼んだにしん焼魚が出てきました。
ここは焼き置きですが、仕上げが上手いので、それを感じさせない美味しさです。


生卵を割って、準備万端。


実に正しいサラリーマンランチ。


にしんの塩焼きが食べられるお店は、なかなかありません。
小骨が多いですが、それがまた私の好み。


脂ののったにしんは実に美味。


にしんは嬉しい子持ちでした。


ご飯が少し減ったところで生卵を割り入れます。


粗めに溶いて。


そこへ、しっかり攪拌した納豆をオン。


NTKG(納豆卵かけご飯)です。


これをさらに混ぜ合わせれば、旨さも倍増。


にしんは身離れがいいので、尾びれを押さえて箸で一気に身を外します。


大きな半身をオン・ザ・ライス。
一気にかき込みます。


納得、満足の割烹ランチ。
鯖の味噌煮を食べたS君も満足した様子。
お会計の時には、もう満席で行列が出来ていました。




関連ランキング:和食(その他) | 虎ノ門駅神谷町駅御成門駅

美村和食(その他) / 虎ノ門駅神谷町駅御成門駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5