2018年5月20日日曜日

日曜の昼酒ハシゴ 新小岩~小岩② 新小岩 小松通り会の「炭火やきとり なべちゃん」はご近所の常連で賑わうアットホームな立ち飲み

駅前商店街の大衆食堂むらやま屋でエンジンを暖めた我々は、二軒目に向かいます。
駅前の通りから魚三酒場の角を斜めに入ります。
小松通り会のバナーが目印。


商業と住宅が混在する通りにあるのが炭火やきとり なべちゃん
私が信頼できる情報源としてフォローしているせんべろnetからピックアップ。


15時開店の直後。
既にお客さんの笑い声が中から聞こえてきます。


カウンターと、奥にテーブル。
日曜日の長閑な昼下がりに、地元の社交場となっているようです。


まずはドリンクをチョイス。
一軒目に無かったホッピーで決まりです。


黒ホッピーにしました。


今日二度目の乾杯!


料理を選びます。


やきとりはもちろんですが、一品も充実しています。


マカロニサラダ白菜キムチ


外が見えるのが嬉しい。
表の明るさが、昼酒気分を一段と盛り上げてくれます。


わたし的には外せないハムカツ


ソースをかけて。


「昔ながらのハムカツ」とあえてネーミング。
薄いハムカツにマヨネーズをつけて食べれば、なんだか懐かしい味です。


ホッピーはナカをお代わり。
割と濃いめです。


ゆっくりとつまみながら、常連さんたちと店主の会話に耳を傾けます。
競馬のテレビ中継を見ながら、勝馬予想。
どうやら、皆さん競馬ファンで、馬券も購入済みのようです。
ここはさながら、ライブビューイング会場。
家で一人で見るよりは楽しいのも頷けます。
私はアルコールを角ハイボールにチェンジ。


やきとりを頼むことにしました。


つい先ほどまで店主が仕込んでいた手作りつくね
一本はタレで、もう一本は塩でオーダー。


ナンコツの叩きも混ぜ込まれていて、食感も楽しいひと串。


オリジナルうずら串というのも、二本塩で頼みました。


このオリジナルうずら串は、鶏肉がねぎまのように串に刺さった、まさにオリジナリティ溢れるもの。
これもなかなかに旨い。


中国人と思われる奥さんも遅れて出勤。
お店の会話も一段と弾みます。
私はチューハイフローズンレモンを入れてもらいました。


このフローズンレモンは氷替わりにもなります。
徐々に酸味が滲み出してくる感じ。
店主はなかなかにアイデアマン。


下町らしい気さくな店主やご常連に囲まれ、私たちもいつの間にか常連気分。
一時間強の立ち飲みを終え、センベロなお会計を済ませて店を出ました。
今度は電車に一駅乗って小岩に向かいます。




関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 新小岩駅