2014年4月14日月曜日

十三小便横丁復興祈念企画② 十三っぽくない隠れ家大人バー「バッカス」で酒を語り合う

東口奴寿しで腹ごしらえをしたM君とUさんと私の3人は、そぞろ歩きながら再び西口へと向かいます。


ガードをくぐって西口へ。
火事のあった小便横丁よりも南側。


十三らしい猥雑な街並みを抜けて、とある雑居ビルの一階の細い通路の奥。


そこがバッカス
同期のM君の手駒です。


落ち着いた雰囲気の大人バー。


本日二度目の乾杯。


私はハイボールにしました。


このお店は平成2年のオープン。
開業24年ですから、小便横丁の店を除けば十三でも古い部類。
脱サラしてバーを始めたというマスターと、問わず語りの会話が楽しい。


二杯目のハイボールに珍しいものを入れてくれました。


アンゴスチュラ・ビターというトリニダードトバコ産の薬用酒。
44.7度という高い度数です。
「これを数滴垂らすと不思議と二日酔いしないんですよ」
とマスター。


酒場に集まるのは酒が好きだから。
いつの間にか酒を巡る四方山話となり、私が東京時代にこよなく愛したホッピーの話題に。
するとマスターはホッピーが記された本を引っ張り出して来ました。
しばらくはホッピー談義。


十三の昔話など、マスターと話していると時間が経つのも忘れてしまいます。
酔いも回って来たのでそろそろお開き。
「また飲りましょう」
と約して、十三駅でそれぞれの家路へ向かいました。



関連ランキング:バー | 十三駅

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ

バッカスバー / 十三駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3