2014年4月19日土曜日

一時帰省の恒例行事、息子たちと居酒屋へ。勝田台の人気もつ焼き屋「角一」へ30分待ちで入店

単身赴任先の大阪から一時帰省で佐倉の留守宅へ。
恒例行事となった息子たちとの居酒屋飲み。
待ち構えたように
角一に行こうよ」
とせがまれました。

妻は今日は飲まないから、というので車で家族5人全員で行くことになりました。
全員揃っての外食は何年ぶりでしょうか。


勝田台駅から徒歩3分。
昭和レトロな雑居ビルの一階にある豚モツの人気店。

「いつ入れるかわからないんですよ~」
という大将に
「店の前の駐車場に車を止めて、中で待ってますから宜しくお願いします」
と伝えられるほど息子たちもしっかりしてきました。


待つことおよそ30分。
その間に何組ものお客さんが店を覗いては、断られています。

ようやく呼ばれて入店です。

早速乾杯!


突出し。


しかしお店は大忙しでてんてこ舞い。
注文を受けてくれるのはお母さんですが、その伝達もうまくいっていないようで、一向に料理が出てこないまま、私は二杯目となるホッピーを。


あまりに遅いので、子供たちは腹ペコ。
催促したところ、最初の料理、イワシ刺しが出てきたのが座ってから30分後。
大好きな店なので目くじらはたてず、大らかな気持ちで。


アブラニンニクタレ


煮込み
オーダーが通っていなかったようです。


モツの脂が味噌と混ざりあって深みが生まれています。
実に旨い。


ガツ刺しタン刺しをひと盛で。


鮮度の良さがわかる色艶。


にんにく醤油塩胡麻油を好みで。


レバタレ


タン塩


箸休めで白菜漬けみょうが


タン刺しを追加。


カシラニンニクタレで。


息子たちはタン塩が好き。


鯵のなめろうを食べたことがないと三男が言うので、注文しました。
千葉県民としては恥ずかしい事。


ここは三岳が常備。
ロックで。


待たされたせいもあって、息子たちの食欲は留まるところを知りません。
ベーコン焼


分厚く切られたベーコンブラックペッパーがかかっています。
マヨネーズと絡めて。


タコ酢


ウインナー


初めて頼んだアボガドわさび



ハイボールにしました。


最後は大阪豚平焼


広島豚平焼と違ってキャベツがたっぷり入っています。
ただ、大阪豚平焼なるものを私も知らないのでなんとも言えませんが、美味しい事は確か。


たっぷり2時間。
すっかり満腹です。
久し振りの一家団欒の外食がもつ焼きというのも、我が家らしいと思いながら、ノンアルコールの妻の運転で家に帰りました。



関連ランキング:もつ焼き | 勝田台駅東葉勝田台駅

↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ