2015年9月25日金曜日

胃に優しいランチを求めて堂島「割烹 大田川」で鶏飯。奄美の郷土料理は実に美しい

ランチはいつもの同僚4人で。
午前中人間ドックだったY部長は、胃カメラの余韻が残っているとかで、
「優しいご飯がいいですねぇ。うどんとか」
と言います。
「じゃあ、大田川はどう?あそこの鶏飯ならいいだろう?」
と同意を取って、アバンザ裏の堂島メリーセンタービル地下一階へ。


まだ個室が空いていました。
ここさえ確保できれば、ゆったりと贅沢気分でランチが食べられます。


Y部長と私は鶏飯
M部長とF君はさんまの柚庵焼きパンプキンソース


テーブルにあらかじめセットされている前菜を摘まみながら人間ドックの話。
若手のF君を除けば、みんな身体にガタがきています。


鶏飯が出て来ました。
鶏のささ身、錦糸卵、椎茸、葱。
彩も美しい一皿。


この具をお出汁のお茶漬けにのせて、サラサラと頂くお料理。


奄美の王朝の接待料理だったといいますから、そもそも贅沢なもの。



好みの量をのせて。


私もシルバーウィークに胃を酷使したので、優しさが身体に滲み渡ります。


椎茸の甘辛煮は大好物。


第二ラウンド。


錦糸卵の彩りが食欲をそそります。


食後にはデザートがついて、1,000円。
贅沢気分が味わえる割烹ランチです。




↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村