2015年9月22日火曜日

JR神戸線新快速B級グルメ旅⑤ 旅の締めくくりは三ノ宮。噂の屋台食堂「餃子屋 満園」はまるで香港の路地に迷い込んだよう

JR神戸線新快速B級グルメ旅も、いよいよラスト。
本日の5軒目は三ノ宮駅


駅を出て海側に渡った三ノ宮センタープラザ西館の一階に、何やら怪しげな雰囲気のお店。
我が物顔に歩道にテーブルと椅子を出し、そこで皆ワイワイ言いながら酒を飲み、メシを食べています。
明らかに香港の路地裏の屋台のそれ。


餃子屋 満園
飲み友達のAちゃんから教わったお店。
「絶対、キャノンデールさんが好きな店ですよ」
という通り。
かなりお腹がいっぱいでしたが、急に食べられそうな気になってきました。


片言の日本語しか話せない女性店員から
「ヨヤク シテマスカ?」
と聞かれます。
「いえ、してないです」
と私。
「イチジカンナラ イイデスヨ」
と言われ、店内の入口脇のテーブルに案内されました。
私のすぐ後に来た、予約無しのお客さんは断られていたので、ギリギリセーフでした。

Aちゃんから聞いていたので、頼むものは決めてありますが、一応メニューは一通りチェック。
かなりのロープライスですが、味は間違いないそうですから、期待が高まります。



とにかく活気のあるお店。
店内は、若い店員さんたちの中国語と日本語のチャンポンが飛び交っています。
奥で鍋を振るお兄ちゃんの腕は、超ムキムキです。
ノンストップで次から次へと料理を作っています。


予約制で高い料理もありますが、それはこの店の相対的な値段であって、絶対的にはかなり破格。


まずは生ビール
「絶対『蒸し鶏いかがですか?』って聞かれますけど、すごい量だから頼まない方がいいですよ」
とAちゃんから聞いていたので助かりました。
まさに
「ムシドリ イカカデスカ?」
と聞かれたからです。
もっともその蒸し鶏も480円なので、値段は大したことはないのです。
私の隣の若い男性二人連れは、出てきた蒸し鶏の巨大さに度肝を抜かれていました。


名物の麻婆豆腐
「カラサハ ドウシマスカ?」
と聞かれるので
「思いっきり辛くして」
と頼みました。


山椒がガツンとのっています。


グツグツと土鍋で煮える麻婆豆腐。

video

「ヨクマゼテ タベテクダサイ」
と言われます。
ここの店員は、皆若く、そして、とてもフレンドリー。


すぐに焼餃子も出てきました。
当店では満園特製餃子、という料理名。
6個250円と、これまた超安値。
「そんなに大きくないから、キャノンデールさんなら二人前は楽勝ですよ」
というAちゃんのアドバイスに従い注文しましたが、さすがに本日5軒目ですから、結構な量。


生ビールにしないで、酎ハイの方が良かったかな、とも思いましたが、ここは自慢の鋼鉄の胃袋でこの旅を華麗に締めくくりましょう。


熱いので、小鉢に移して。
確かに辛いですが、日頃から激辛カレーを食べている私には、余裕。


一方の餃子は、やや柔らか目の皮で、焦げ色の部分でもカリッという食感ではありません。
どちらかというとフニャっとした感じ。
しかし、餃子屋というだけあって、確かに旨い。
赤萬ひょうたんといった神戸餃子の名店とは全く違うアプローチですが、かなりイケます。


中の餡はジューシーで野菜多め。
ニンニクが利いています。


ちょっと無理かな、と思いましたが意外とあっさり寄り切りました。


滞在時間は30分。


まだまだ各テーブルとも盛り上がっています。
職場のB級グルメ会で大勢で食べに来たら、色々食べられるなと思いました。


再び三ノ宮駅へ。
達成感で心は満たされていますが、胃袋もはち切れそうなくらい満たされています。
ここからは新快速ではなく、東西線直通の普通電車に乗って、大阪天満宮駅まで座って帰ることにします。



↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


餃子屋 満園餃子 / 旧居留地・大丸前駅神戸三宮駅(阪急)元町駅(阪神)

夜総合点★★★☆☆ 3.5