2015年9月22日火曜日

JR神戸線新快速B級グルメ旅④ 明石駅で途中下車して閉店間際の人気店「いずも」で明石焼きをテイクアウトしてから、明石港近くの「みどり食堂」で明石の海の幸をアテに一杯

姫路駅前商店街の赤心でオムライスと豚汁を食べてから、すっかり綺麗になった姫路の駅ビルに入っているスタバで休憩。
常備している胃薬を飲んで、消化を促進します。
「そこまでして、なぜ食べる」
と自分でも思いますが、これは趣味でもあり、修業でもあり。

再び姫路から上りの新快速に乗って明石駅で途中下車。


魚の棚商店街の入り口近くにある明石焼きの人気店いづも


閉店まで、まだ30分以上ありましたが、もう店内では食べられませんと断られました。
「大阪から来たんです」
と食い下がりましたが、無情にも却下。
「もう私たちも限界なんです」
と女将さん。
いったい今日はどれだけお客さんが来たのでしょう。


どこかで食べようと、やむなくテイクアウト。


 「あと4つです」
と言われ、15個入りを一つ購入。
その後、一瞬にして売り切れました。




関連ランキング:明石焼き | 山陽明石駅明石駅西新町駅


ぶらぶらと海に向かって歩きます。
明石港のフェリー待合所ででも食べようかと思っていたのですが、その手前にあるみどり食堂を見て、気持ちが変わりました。


明石に来るたびに、ずっと気になっていた大衆食堂。


明石焼きは持って帰って明日食べることにして、目の前にある懸案の店にチャレンジすることにしました。


明石鯛のあら煮やら、焼きアナゴ丼やら、実に魅力的なラインナップです。
大衆食堂ですから、おかずだけでも食べられるはず。


暖簾を潜って店内へ。
本日二度目の大衆食堂は、見事なまでに完璧な設えです。
もちろん、家族連れの夕食と、オヤジのひとり酒が混在する店内。


従業員は全員女性。
柔らかい物腰の接客に癒されます。


客席の真ん中に大きな冷蔵ショーケースがあります。
 

眩暈がするほど膨大な品数と細かい価格設定。


煮魚、焼魚も豊富。
何といっても目の前は、明石の海。


入口脇にはおでん鍋。
いい色に滲みています。


もちろん丼ものや麺類などの定番も豊富。
隣のテーブルの男性が注文していたラーメンが美味しそうでした。


明石と言えばアナゴ。
アナゴ好きの私は、焼きアナゴ入りだし巻玉子焼きアナゴを頼みました。


ビールは随分飲んだので、お酒はレモンハイに。


ちょうど焼き立ての焼きアナゴ入りだし巻玉子。


こんなに美味しいだし巻きを、独り占めできる幸せ。


艶々したタレの色が美味しそうな焼きアナゴ。


濃いめのタレにお酒も進みます。


もうちょっとつまみたい気分。
「明石鯛あら煮定食のおかずだけって頼めますか?」
「はい、もちろん。そちらのテーブルに出ていますよ」


うっかりしていて気が付きませんでした。
明石鯛あら煮


 もちろん頬肉が旨い。


そして目玉のゼラチン。


麦焼酎の水割りを頼みました。
まるでお冷みたいですが。


小一時間、ゆるりと飲みながら綺麗に平らげました。


小学生くらいのお子さん二人を連れた家族が楽しそうに食事をしています。
息子が頼んだ唐揚げを摘まんだお父さんが
「これは旨いなぁ!」
と大きな声で話しています。
なんとも微笑ましい光景。

お会計を済ませた私に、厨房の奥の女性も含めて全員から
「どうもありがとうございまーす。またよろしくお願いしまーす」
と大合唱。
通りすがりの一見の客に温かい言葉をかけてくれる大衆食堂。
外はすっかり暗くなっていましたが、私は明るい気分で店を後にしました。



関連ランキング:定食・食堂 | 山陽明石駅明石駅西新町駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


みどり食堂定食・食堂 / 山陽明石駅明石駅西新町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5