2018年7月6日金曜日

本当は教えたくない大切な割烹。優しい女将が一人で切り盛りする西新橋「はづき」の絶品ランチは雨の日50円引き

今日は夜のはしご酒遠征に備えて胃に優しい和食ランチにしようと、小降りになった雨の中を西新橋へ。
路地裏の昭和レトロビルの二階にある酒処 はづきで食べたかったのです。


ご高齢の優しい女将さんがひとりで切り盛りする小さな割烹です。
ここのランチは女将同様に優しく心のこもった手料理。
何を食べても本当に美味しいのですが、特に今日はここのしゃけ塩焼きが食べたかったのです。


12時に滑り込みセーフでしたが、狭い店は常連さんでたちまち満席です。


ひとりで忙しく切り盛りする女将には頭が下がります。
こちらが手伝いたくなる位ですが、それは余計なお世話。
程なく、いつものようにお盆にセットされたランチが出てきました。


分厚い切り身のしゃけは、いつも脂がのっています。
「仕入れがいいんだな。いつか夜に来たいな」
と思いながらも来れていません。


卓上には昭和世代には堪らないご飯のお供も備えられていて、嬉しい限り。


ご飯がすごく美味しいのも、この店を好きな理由。


味噌汁やお新香も、お袋の味です。


今日の小鉢はタマネギと牛肉の煮物。


実に美味しく炊かれたホカホカふっくらのご飯に鮭をオン・ザ・ライス 。



続けてご飯のお供もオン・ザ・ライス。


しゃけが大きいのでそんな事をしていると、たちまちご飯が足りなくなります。
軽く食べるつもりが、ついご飯をお代わり 。
「ここだから、まあ、いいか」と自分に都合の良い理由を付けます。
結局、お代わりしたのですが、洗い物が増えるのに新しいお茶碗によそってくれました。
感激。


ワンオペで、てんてこ舞いなのに、笑顔を絶やさない優しさに、私の仕事のストレスなど、取るに足らないちっぽけなものだと思わされるから不思議です。
お代は850円。
千円札を渡すと「雨の中ありがとうございます。こちらがお釣りで、こちらが雨の日のお礼です」といって、150円と別に50円を渡されます。
世知辛い平成の世に、涙の出る心のこもったサービスです。

どうか、この店に来られるなら、通う事を前提にお越し頂きたい、とこの店の一ファンとして切に願うのです。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

酒処 はづき居酒屋 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5