2018年7月4日水曜日

ノンアル残業メシはラーメンでキメる。新橋「しお福」の味玉わんたんめんネギ増し

今日はプチ残業。
大阪での連日連夜の厳しい修行に胃も身体もお疲れモード。
今日はノンアルで、ラーメンを食べて帰ることにしました。
胃に優しいかどうかはさておき、ラーメンを食べると不思議と飲みたくなくなるからです。
烏森口の飲食店街にあるしお福に立ち寄りました。


わんたんめんが名物の店。


おつまみメニューを見ると決意が揺らぎますが、今日はノンアルで。


入口の券売機で食券を購入。
名物のわんたんめんに、もちろん味玉トッピング
更にネギ増しにしました。
日頃の野菜不足を補うためです。


「だったら、ラーメン食べるなよ」とお叱りを受けそうですが、私の中では論理的整合性は取れています。
麺は中国人店員さんの勧めで細麺をチョイス。
スープは塩味と迷いましたが、醤油味で。


ラーメンが出てくるまでの間、改めてメニューをチェック。
新橋の居酒屋がひしめく一角にあるだけに、締めの飲み直し客を意識した商品構成です。


そんな事をしているうちにわんたんめんが出てきました。
出てきたラーメンは追加トッピングのネギに覆われていて、ワンタンはおろか、麺も目視確認できない状況です。


まずはスープをひと口。
しょっぱめの濃い味が、新橋のガッツリ系サラリーマンや、飲み直しで訪れる酔客にはピッタリですが、晩ご飯にラーメンを食べに来ただけの私には、ややハードルが高い印象てす。
「塩の方が良かったかな」
と思いましたが、きっと塩もしょっぱいでしょう。


中国人店員が勧めてくれた細麺は、正解でした。
具が多いので、麺が太いとボソボソし過ぎるかもしれません。


紙エプロンが無いので、慎重に啜ります。


大量のネギと野菜の下から、ようやく大きなワンタンをレスキュー。
タイの洞窟事件を彷彿とさせる安堵感。


チャーシューも姿を現し、一安心です。


追加したネギの下にはデフォルトの具材である白菜もたっぷり。
野菜増しにすれば、これが増量されたのでしょう。


味玉はいい感じの半熟。


中盤に味変 。
卓上に置いてある多品種の調味料やトッピングを、メニューと見比べながら吟味します。


疲労回復に効くおろしにんにく 、香ばしい揚げ玉ねぎえび入りすりごま 、そしてラーメンのトッピングとしては珍しいとろろ昆布 もどっさりのせました。
大阪から戻ったばかりの私には、とろろ昆布はセンチメンタルな浪速ノスタルジー。


スープを吸って膨らんだとろろは独特の美味しさ。
ミスマッチなようでいて、意外とイケるとろろを麺と一緒に啜ります。


底の方から新たにワンタンが姿を現しました。
ちょっと得した気分。


残りのラーメンを一気に啜り、完食。
達成感に満たされた私でしたが、ふと見ると、ズボンにスープが点々と飛んでいました。





関連ランキング:ラーメン | 新橋駅汐留駅内幸町駅

しお福ラーメン / 新橋駅汐留駅内幸町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.2