2014年10月8日水曜日

9泊10日九州一周ツーリングひとり旅⑩ 人生初の宮崎県。神々の里高千穂で天孫降臨と神話の地を訪ね、ランチは「道の駅 高千穂」で地産食材の肉豆腐定食。神話ロードを駆け抜けて日向岬のクルスの海へ

熊本を出て再び昨日走った阿蘇へ向かいます。
と言ってもコースは昨日とは異なる南阿蘇を抜けるルート。
熊本県道28号線から旧道に入り俵山峠を目指します。
風力発電の風車と並走する気持ち良いルート。


阿蘇出身のお友達に教わったスポットです。
今は皆、新道のトンネルを抜けるルートを通りますが、こちらは阿蘇山を南側から眺めることができる絶好のビューポイント。

video

国道325号線に入り、高森峠を越え、更に大きな寧静ループ橋をぐるりと一周すると、そこは宮崎県高千穂町。人生初の宮崎県入りに感動します。


まず足を向けたのは国見ケ丘
神武天皇の孫・建磐龍命(たていわたつのみこと)が九州統治の際に立ち寄って、国見をされたという伝説の丘。
雲海の名所として全国的に知られています。


宮崎県大分県熊本県の三県を一望にできる素晴らしい眺め。
神話伝説に相応しい神々しさを感じる山並みです。

video

高千穂峡を訪ねました。
元鉄ちゃんだった私は、子供の頃、国鉄高千穂線に乗っていつか訪ねてみたいと思っていた所。
その高千穂線も今はなく、この地を訪れるには、車以外に手段はありません。


高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷。
神話に所縁のあるスポットも点在し、いかにも神々の里に相応しい場所です。


次に訪れたのは高千穂神社


約1900年前の垂仁天皇時代に創建されました。
高千穂郷八十八社の総社で、神社本殿と所蔵品の鉄造狛犬一対は国の重要文化財に指定されています。
霊験あらたかな高千穂きっての名刹。
まさにパワースポット中のパワースポットです。


境内には樹齢800年とも言われる杉の御神木が。


今日もまた観光に時間を割きすぎてランチは13時半になりました。
近くの道の駅 高千穂へ。


高千穂牛丼が名物だというので、それを食べようと思って来たのですが、入口には更に魅力的な限定メニューがありました。


肉豆腐定食
高千穂牛や高千穂豆腐なと地産の食材を使ったものだとか。
温泉玉子も入っているし、これで決まりです。


いちおうメニューは確認。
宮崎だけにチキン南蛮定食も捨てがたかったのですが、高千穂牛に軍配が上がりました。


ボリューム満点の肉豆腐定食
今日はかなり気温も上がってへばり気味だったので、しっかり栄養補給です。


お肉や豆腐以外にも大きな油揚げやしいたけ、もやし、ねぎなど具沢山の肉豆腐です。


ご飯はデフォルトで大盛り。


お味噌汁とお新香もついています。


早速頂きます。


大好物の温泉玉子を割って。


すき焼き風の甘辛味です。


もちろんオン・ザ・ライスで。


牛丼風にして頂きました。




関連ランキング:郷土料理(その他) | 高千穂

先を急がなければいけないのですが、どうしても寄りたい場所がありました。
道の駅からバイクで約15分。
天岩戸神社です。


日本人なら「天岩戸伝説」を知らない人はいないでしょう。
しかも、その天岩戸が本当にここにあるのですから、見ないわけにはいきません。
社務所へ申し込めば、無料で遥拝の案内をしてくれます。


待合所で少し待ってから案内されます。


神宮は東西二箇所あります。
西本宮拝殿の右側から遥拝殿へ案内されます。


この右手から入っていきます。
天の岩戸西本宮拝殿の真裏、岩戸川を挟んだ対岸にあります。
写真撮影はできませんが、鬱蒼と木が茂る山の中に大きな裂け目がありました。
その奥が天岩戸です。
「天岩戸神話」のおさらいと、天照大御神がなぜ神となったのか、も含め興味深いお話を聞くことができました。
手力男命が投げ飛ばした岩戸は遠く信州の戸隠まで飛んだとか。


こちらは神楽殿
これも伝説にちなむ社殿。


せっかくですから天安河原(あまのやすかわら)へ向かいます。
岩戸川沿いに設けられた歩道を歩きます。


少し振り返って下流を見やります。
この先の左手に天の岩戸があるのです。


ここが天安河原


天照大御神が洞窟にお隠れになったために、世の中は真っ暗になり、食べ物が育たなくなったり、病気になったりと大変なことが次々と起こりました。
困った八百万(やおよろず)の神々が集まって、どうやって天照大御神天岩戸から出てきてもらおうかと相談した、その場所がここなのです。


ギリシャ神話に勝るとも劣らない高千穂の神話伝説。
もっとじっくり見たいのですが、もう夕方です。
今日の宿、宮崎までなんとしても行かなくてはなりません。

そんな高千穂を後にして国道218号線日向灘に面した延岡へ向かいます。
別名神話街道と呼ばれるこの道は、橋の道でもあります。
五ヶ瀬川に沿って整備された道は、深い谷を次々といくつもの橋で跨いでいきます。

日本一のコンクリートアーチ橋、天翔大橋


東洋一のアーチ橋、青雲橋


神話街道を快走し、なんとか日暮れ前に日向岬に着きました。
馬ヶ背は日本最大級の柱状節理が続く日向灘の中でも圧巻の景色が見られる所。


奥行200m、高さ70mの息をのむ景観。
足元から吸い込まれそうです。

video

もう一箇所、とてもロマンチックな場所が日向岬にあります。
願いが叶うクルスの海


クルスはポルトガル語で「十字」の意味。
侵食により東西200mメートル、南北220mに渡り裂けており、上から見ると十文字に見えるためこの名が付けられたといいます。
また漢字の「叶」という字を横にしたようにも見えることから、ここを訪れて願い事をすると必ず叶うという伝説があります。


恋人同士が鐘を鳴らし、二人の永遠を願うロマンチックな場所。
おりしも日向灘に沈む夕日が何とも美しく、素晴らしい眺めでしたが、 バイクツーリングの男ひとり旅、私はこの先の交通安全と家族の健康を祈りました。


急がないと宮崎に着くのがかなり遅くなりそうです。

↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


道の駅 高千穂郷土料理(その他) / 高千穂)

昼総合点★★★☆☆ 3.2