2015年4月16日木曜日

マイブームの予感、南森町の新店「らーめん颯人」で裏しょうゆ。もちろんサッポロクラシックと比内地鶏の味玉も

今日はここに来ようと朝から決めていました。
地元南森町に出来た名店らーめん颯人


カドヤ食堂で修行した若い店主が、似て非なるオリジナルの味を出す新進気鋭の店。
先月初めて来ましたが、南森町のラーメン店の中では出色です。
オープン2ヶ月ですが、かなり評判になっています。


今日は18時半頃来ましたが、満席で少し待ちました。
前回はしょうゆ味を頂きました。
みそが評判とは聞いていますが、今日はあえて違うラーメンにします。


メニューを裏返すと、そこには裏しょうゆと書かれています。
今日はこれを食べに来たのです。


お店の奥には製麺の材料となる小麦粉が積まれています。
この店の自家製麺はすごく美味しいのです。


そしてもう一つのお楽しみ。
今年初めの北海道旅行でお気に入りになったサッポロクラシック


北海道限定販売なので大阪で飲むことはできません。
北海道出身の店主は、道内の知り合いの酒屋から仕入れているのです。


裏しょうゆはトッピングはできないとメニューに書いてあります。
たまご好きの私はなんとしてもここの比内地鶏の味玉が食べたかったので、ダメ元でお願いしてみたら、小鉢に入れて別皿で出してくれました。


一個はそのままアテで、もう一個はラーメンと一緒にという計画です。


ほどなく裏しょうゆが出てきました。


白葱の千切りと柚子皮。


まずはスープを一口。
前回食べたしょうゆらーめんよりも脂が浮いています。
鶏油でしょうか。
しょうゆの味も一段と深みがありますが、クリアです。


早速自家製の細麺を啜ります。
実に繊細。
そして小麦の風味。
相当旨い。


比内地鶏の味玉は美しい半熟。
今日は別皿で出してもらったので、切り口が綺麗です。
一つはそのまま口に入れて、ビールと一緒に。


大ぶりのチャーシュー。
今度はトッピングしてみよう。
別皿でサッポロクラシックのアテにするのもいいかも。


メンマも柔らかい。
一つ一つの仕事が丁寧なのが伝わってきます。


中盤から胡椒を入れて、味の変化を楽しみます。


最後はスープを味わって。


もちろん完食完飲です。


食べ終わって、残りのビールを飲んでいると、手が空いた店主が話しかけてきました。
「この前もクラシック飲まれてましたよね。余市に旅行に行かれたっておっしゃってましたけど、私はその近くの岩内町の出身なんです。だからなんだか懐かしくて」
私からお店の人に話しかけることはよくありますが、店主から声をかけられるのは珍しいこと。
「北海道出身のお友達がいらっしゃいませんか?『この店でクラシックが飲めるって教えといた』とおっしゃる北海道出身のお客さんがいるんですよ」
お友達はいませんが、そう言われればブログの読者の方にコメントもらったのが、そのことなのかもしれません。
「この前食べたしょうゆよりも油が多くて深い味がしました」
「確かに油も多めです。裏しょうゆは魚介を使わずに動物系だけで仕上げてるんです。その分味がはっきりしてると思います」
色々と研究されているのがわかります。

私のブログの名刺を店主にお渡しし、店主からも名刺を頂戴しました。
「ごちそうさまでした」
と謝辞を述べ、お会計。
次回は評判のみそらーめんを食べてみることにします。
北海道出身の店主だけに、オリジナリティ溢れるもののはずです。




食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ