2015年8月24日月曜日

四国の二大霊峰と讃岐うどんを巡るツーリング㉒ 本場讃岐うどん巡礼⑯「山内うどん店」でひやひや。細めだがエッジの立った固めの麺は実に讃岐らしい

いよいよ今回の本場讃岐うどん巡礼のツーリングもフィナーレです。
本日の6軒目にして旅の最後を飾るのは、まんのう町の山内うどん店
先ほどの三嶋製麺所からバイクで20分ちょっと。
お店はこの看板の左手の坂を上がります。


小高い丘の上に忽然と現れたうどん屋。
これは強烈なインパクトのある店構えです。


煙突から煙が立ち上っています。


薪を使って湯を沸かしているのです。


時刻は13時10分。
14時半までの営業ですが、讃岐うどん店の常で、麺切れで閉店します。
間に合わないかと焦りましたが、まだ暖簾がかかっていました。
行列の人気店ですが、さすがにピークは過ぎているようです。


貼紙がありました。
物価の高騰は、こんな所にも影響を及ぼしています。


カウンターで注文します。


今日も暑い一日でした。
やっぱりひやひやです。


ネギをのせて出してくれます。
厨房のおばちゃんたちの接客がなんともほのぼのと温かく、田舎らしさを感じます。
お会計は300円。


テーブル席に座ります。
ここはかなり食堂が広く、小上がりもあります。
エアコンが効いているのはありがたい。


端正なビジュアルの麺。
ワイルドな店ですが、麺は繊細さが窺えます。


生姜をセルフですりおろします。
もうすっかり慣れましたが、みんなの手は綺麗なのかな、とちょっと思ったり。
でも、生姜は殺菌作用があるから、自浄するのかもしれません。


さあ、いただきましょう。


細めですが、エッジの立った麺。


一口啜れば、その細さの割にはしっかりと腰と固さが感じられます。
実に讃岐らしい麺。


薄めのいりこだしとの相性も良く、スルスルと喉を通り抜けていきます。


一気に完食完飲です。




食べている間に、一気に20人位やって来て、たちまち満員、うどん切れとなりました。
私はここのうどんがとても気に入ったので、自宅用にお土産を買い求めました。


再び丘を下って表通りへ。
本日終了の看板が出ていました。




関連ランキング:うどん | 黒川駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


山内うどん店うどん / 黒川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7