2019年4月2日火曜日

住吉~錦糸町はしご酒③ 締めの三軒目は錦糸町の「大衆酒場小松」のコの字カウンターで


住吉からスタートしたはしご酒の会は、栃木屋ひげの平山錦糸町に向かって流れてきました。
締めの三軒目は、錦糸町駅南口からほど近い、京葉道路沿いの大衆酒場 小松へ。
アーケード商店街のビルの1階にある昭和レトロな店構えの大衆酒場。


創業以来60年以上だそうですから、昭和、平成、令和を生き抜いたお店ということになります。
通りに面してかかる色褪せた暖簾が、その歴史を物語っています。


店内に入ると、そこは大衆酒場王道のコの字カウンターの設え。
大通りに面したターミナル駅前の店とは思えないタイムスリップ感。


今時、デジアナ変換のブラウン管テレビというのも、その一つ。
表の喧騒が嘘のようです。


ゆるりとグラスを傾ける先客もあまりいないのは、ラストオーダーまであまり時間が無いからでしょう。
私は酎ハイを頼み、本日最後の乾杯です。


壁に下がるメニューの札は、左右対称ではないため、ぐるりと首を回して全貌を把握します。
つまみはマカロニサラダ肉ニラ炒めを注文。
マカロニサラダにはキャベツが添えられていました。


肉ニラ炒めは、かなりのボリューム。濃い目の味付けが酒に合います。
今日一日の野菜不足を一気に解消。


コの字カウンターの中を行き来する、少し背が曲がったご主人は、余計な口を利かず、大衆酒場の主として控えめながらも存在感を示しています。
ラストオーダーまで粘ってセンベロのお会計。
ここは、一人でふらっと来て、ゆるりと飲むのがぴったりなお店だと思いました。





関連ランキング:居酒屋 | 錦糸町駅住吉駅菊川駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.4