2019年4月12日金曜日

明るいうちから虎ノ門飲み。間違いない大衆酒場の名店「虎ノ門 升本」で海鮮と銘酒


今日は地元飲み。
といっても私の自宅の地元ではなく、職場の地元虎ノ門
17時半過ぎという明るいうちから、お気に入りの虎ノ門 升本で友人と一杯という趣向。
私の方が仕事が早く終わるので、約束の時間よりも少し早めにチェックインしてテーブルを確保します。


とりあえずホッピーを頼んで、喉を潤しながら到着を待ちます。


すぐに待ち人も現れ、乾杯。
明るいうちから宴の始まりです。


売り切れ御免の玉子焼きは真っ先に頼んでおくべきマストアイテム。
屋号の焼き印が入った玉子焼きは、見た目も味も最高。


「今日のおすすめ」から、すぐに出てきそうな菜の花からし和え若竹煮を頼みます。
春らしい一品です。


そして、メインは海鮮。
ここは魚が旨いのです。


白身魚の三点盛が出てくると、テーブルの上は一気に賑やかになります。


私はホッピーのナカをお代わりした後、日本酒へ。
日本酒は好きなのですが、ダメージが大きいので避けているお酒です。
しかし、升本に来たら頼まない訳にはいきません。


まずは超辛口の日高見(ひたかみ)
宮城の純米です。


日本酒に合うつまみで、ねぎぬたを。


「今日のおすすめ」から小いわし唐揚げも頼みます。


もちろん零れた日本酒はグラスに戻して。
このアクションも飲兵衛のお楽しみのひとつ。


日本酒は禁断のお代わりで、おりがらみ純米無濾過生の純米、七田(しちだ)
日本酒では珍しい九州、佐賀のもの。
穏やかな香りとジューシーな旨味。
おりがらみらしい微発泡がキレの良い後口です。


日本酒は飲み口が良いので、ついつい過ぎてしまいます。
これが私が日本酒を避けている理由。
嫌いなわけではなく、むしろ好き過ぎて危険なのです。


最後にハイボールを飲んで、仕上げ。
今週も無事に締まりました。





関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.6