2015年11月28日土曜日

大好きな広島へ四度目の旅⑤ 広島の夜はお好み焼き!行列の人気店、広島駅前の「電光石火」で牡蠣の鉄板焼きとふわふわのカキオコ

ホテルに戻って、少し休んでから晩ご飯に出かけます。
もちろん広島の夜はお好み焼き。
駅前の飲食ビルの6階、ひろしまお好み物語駅前ひろばへ。


ここに、人気の行列店電光石火があります。
前回食べて、とても美味しかったので、再訪です。


前回は運よくすんなり座れましたが、今回は一時間待ちと言われました。


向かいのお好み焼き屋が閉店していて、そこでメニューを品定めしながら待つことになりました。
屋内で座って待つので、八昌のように寒さに震えながら待つことはありません。


もちろん牡蠣の鉄板焼きは外せません。
ポン酢にしましょう。


前回は電光石火に目玉焼きをトッピングしました。
今回は牡蠣入りの人にやさしくを注文することにします。


私が呼ばれたのは、お店の方のおっしゃった通り、ちょうど一時間後の20時半でした。


カウンターにセットされたお皿とコテ、そしてオタフクソース。
胃酸が分泌されてくるのがわかります。


まずは生ビール
一時間も良い匂いを嗅がされたままおあずけだったので、実に旨い。


目の前では続々とお好み焼きが作られています。
この店のお好み焼きはキャベツの山を潰さずに、ふんわりと焼き上げるのが特徴。


目の前で牡蠣が焼かれています。
あれは、私のでしょうか。
待ちきれません。


あらかじめ注文を聞かれているので、席に着いてからはあまり待たずに出て来ました。
絶妙のオペレーションです。


大粒の牡蠣。
今日二度目の焼き牡蠣ですが、殻付きの焼き牡蠣とはまた違う、鉄板焼きの美味しさ。
ポン酢はさっぱりとして、牡蠣の味が引き立ちます。


下からえのきが顔を出します。


たっぷりのネギと一緒に。
至福の瞬間。


えのきも美味しく、二品食べたようなお得な気分です。


ハイボールに切り替えました。
お好み焼きには炭酸です。


お好み焼きもそろそろのようです。
まるで私の食べるペースを読んでいるかのよう。


人にやさしく目玉焼きトッピング
もともと玉子は乗っているので、ダブル玉子になります。


こんもりと盛り上がっています。
大葉、ネギ、刻み海苔が目玉焼きの下から覗いています。


早速攻めていきましょう。


たっぷりのそばが広島お好み焼きの証。
ふんわりと焼き上がって、独特の食感です。


崩すのが勿体無い綺麗な半熟の目玉焼きですが、そうもいきません。


大流出です。


堪りません。


大きな牡蠣も顔を出しました。


黄身に絡めていただきましょう。


オタフクソースも少し足して。


旨過ぎます。


まだ半分。
食べても食べても減らないボリューム。


豚肉もたっぷり。


終盤はマヨもかけて、味に変化をつけます。


大満足の晩ご飯。


今回は鉄板焼きの品数をセーブしました。
実は、この後ラーメンを食べる計画だからです。



関連ランキング:お好み焼き | 広島駅駅広島駅猿猴橋町駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村