2015年9月19日土曜日

同級生が営む天五の居酒屋「吉田スヰッチ」がめでたく3周年。脱力系ママが珍しく全力で仕切る会費制のパーティーに馳せ参じ、高級日本酒をグビグビ

自称「大人のまったり居酒屋」、天五の吉田スヰッチ
ママが私の地元の間接的な同級生ということで、贔屓にしています。
シルバーウィーク初日の今日、3周年記念のパーティーが開催されることになりました。
フェイスブックでご案内をいただいていたので、「参加」のボタンをポチッと押しておきました。


入口で会費4,000円を払い、入場です。
いつもはママ一人でやっているお店ですが、今日はお手伝いのお友だちが多数来ています。


カウンターだけの猛烈に狭い店ですが、奥に秘密のスペースがあります。
足元に段差があったり、天井が低かったりして、辿り着くのが大変ですが、その秘密の部屋で立食パーティー。


いったい誰かと見間違う、可愛いワンピースを着て微笑むママ。
いつもの脱力系ゆるキャラとは違い、今日は元気印。
全力での接客に、私は驚きました。

撮影・掲載許可済み

お酒は会場の奥。


日本酒の品揃えが異常に良いこの店ですが、今日は更に秘蔵の銘酒も特別放出。
但し、それらはお一人様一杯限りと、脱力しているようでちゃっかりしているママ。


「19時以降は有料♪」
「通常メニューのオーダーも別料金にて承ります(^^)」
と、貼紙は相変わらず冗談とも本気ともつかない脱力系。


私は、まずは生ビールから。


テーブルの上には、いつもの人気メニューが大皿に盛られて並んでいます。
手作り感満載のプレートが、なんだか可愛い。


こちらは焼物コーナー。


イカ下足の醤油漬けもセルフサービスで。


乾き物の類。


私はお代わり不可の限定銘酒をとことん攻めていきます。
お手伝いのスタッフのお姉さんにお願いして、ラベルを撮影。


この店の名物のカレーがありました。
哀愁のトマトチキンインドカレーという長い名前の料理です。


「哀愁」が口癖のママですが、味が切ないわけではなく、普通に美味しいカレーです。


おでんがありました。


日本酒がグイグイ進みます。


酔ったせいか、盛況で嬉しいせいか、隠し持っていた秘蔵の酒まで大放出の大盤振る舞い。


私の中学の同級生も、ご友人を連れて現れ、会は次第に賑やかになってきました。



お腹も膨れたので、お新香系を中心に、更に日本酒を。


こんな小さなコップでは飲み足りません。


19時を回りました。
何と、ママの許可が出て、お代わり不可の日本酒が、飲み放題に変更。
貼紙とは異なる展開ですが、酔った彼女が気が大きくなっただけかもしれません。


お客さんとの接客で忙しいママを捕まえて、ようやく乾杯。
「3周年パーティーが出来るなんて、最初で最後やわ。よう、こんな店にこんなに来てくれはる人がおるわ」
と感無量のご様子。
しかし、3周年は今年しか出来ないし、こんな店と言われると、こっちもこんな客みたいで返す言葉に困ったりして。

撮影・掲載許可済み

きっちり2時間、しっかりご馳走になり、4,000円の会費の元は取りました。

撮影・掲載許可済み
幸せそうに天満の夜空を眺めるママ。
哀愁の脱力系ママに、幸あれと願いました。



関連ランキング:居酒屋 | 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村