2018年6月29日金曜日

大阪で懐かしいお店と友に再会する旅⑨ 関西支社時代の仲間と旧交を温めるハシゴ酒の二軒目は、今はなきSMAPが来たJR福島ガード下の「かく庄」でカレー焼きそばと豚平焼き

立呑み ジャックとマチルダで軽く0次会を済ませ、福島のJRガード下にあるお好み焼きかく庄へ。


いかにも環状線のガード下といった雰囲気が、私の大阪人の血を騒がせます。


大阪ならどこにでもある雰囲気のお好み焼き屋ですが、今は無きSMAPが来たことから一躍有名になったお店です。


SMAPファンの聖地として、行列が出来る程だというので、後輩のK君が予約してくれていましたが、そのK君が首を傾げるほど、今日は誰もいません。


17時半に中から店主が出て来て暖簾をかけましたが、予約の有無も聞かれないまま、店内に案内されました。
肩透かしの気分ですが、それは私よりも予約してきたK君でしょう。


店内に案内され、SMAPが座ったというテーブルの隣に座ります。


私もせっかく来たので、彼らが座ったというテーブルで記念撮影。


店内のなんとも昭和レトロなお好み焼き屋の風情に、テンションが上がります。


漫画の単行本は、店主の趣味なのか、想定ターゲット顧客向けなのかは判然としませんが、少数精鋭主義のラインナップ。


メニューはベーシックなお好み焼きと焼きそば中心ですが、もちろんアルコールや一品もあって、居酒屋代わりに使うこともできます。


とりあえずハイボールで乾杯。


料理は後輩の仕切りで、まずは牛スジ煮込み


その後の組み立てもK君に任せます。
豚焼きそばカレー焼きそば豚平焼きを注文。
彼によれば、お好み焼きは普通だけど、焼きそばは旨いと言います。
カウンターで店主が焼いた焼きそばと豚平焼きを、ちりとりみたいな大きな͡コテで運んできます。


そこへ、ちょうどOさんが遅れて合流。
再び乾杯です。


私はハイボールをお代わり。
懐かしい顔ぶれで、お互いの近況報告が楽しい。


極太の焼きそばは食べ応えのあるもの。
素朴なソースの味付けが、なんだか懐かしい。


豚平焼きは肉厚で、やや固めのみっしりと詰まった感じのタイプ。
これも、私が知っている豚平焼きと比べると、個性的です。


K君が絶賛するカレー焼きそばは、想像していた程カレーの味が強いわけではありませんが、確かにユニークですし、お酒に合います。
豚平焼きと一緒に頬張れば、面白い食味食感。


私はアルコールを更に進めます。
プレーン酎ハイ


結局SMAPファンは一人も訪れず、近隣のサラリーマンが会社帰りに一杯飲みに来ていただけでした。
いささか拍子抜けでしたが、浪速らしい味と雰囲気を楽しんで、私も徐々に「大阪リハビリ」が進んで来ました。
福島の達人K君の先導で、三軒目に向かいます。





関連ランキング:お好み焼き | 福島駅新福島駅中之島駅

かく庄お好み焼き / 福島駅新福島駅中之島駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5